LIFESTYLE

【#ff】街ゆくあの子の、ソフトピンクな金曜 #045

”花金”などと言う言葉が死に絶えて久しい昨今ですが、休み前の金曜の夜はいつの時代も楽しさにあふれており、最近の人たちは”#funday friday”とタグ付けしてSNSでリア充アピールするのが流行りなんだとか……。そんなワケでこのコーナーでは、一般女性に匿名で登場して頂いて金曜にFuck Feverしてしまったエピソード大公開して貰います。フツーじゃなかなか聞けない話も、女性インタビュアーを立てれば、緊張も警戒心も解けだして、色々なモノが思わずポロリって寸法です。

ケイちゃん(仮名)

年齢:28歳 職業:モデル
出没エリア:渋谷、恵比寿、代官山、中目黒
プロフィール:家はもちろん都内です(笑)。男性は年上で色気のある人…と言うかおじさんが好き。芸能人で言うと西島秀俊、唐沢寿明、椎名桔平。

―――そっかー、西島秀俊もおじさんの年齢かぁ~。

はい。でもかっこいいですよね。私、20代には色気感じません。

―――え、じゃあ今回の相手もおじさん?

うーん、今年で28歳?

―――おい!(笑)

(笑)そうなんですよ。事故です。

―――じゃあその事故の経緯を最初からお伺いできます?

えー、うける。事情聴取みたい。えっとですね、出会いは結構前で、共通の友達が何人かいて、よくファッション関係のパーティーとかイベントで会う人だったんです。

―――あ、じゃあアパレルの人なの?

そうです。私、彼の顔が結構タイプだったんですよ。でもちゃんと話したりとかしてなくて。で、きっかけは去年の夏くらいなんですけど、またイベントで会って、「ああ!久しぶり!」ってなって、ちょっとだけ会話したら、「来週俺の職場でもイベントやるからおいでよ」って誘われたんです。それで、イベント前日になって、他の友達も行くみたいだから私も行こうと思ったんですけど、ゲストリストとかに入れてもらえてるのか心配だったから、共通の友達にその彼の連絡先を聞いたんです。

―――自分から友達経由で聞いたんだ。

そうです。「ケイだけど、誰のゲストで入ったらい~い?」って。

―――なるほどね。

で、翌日イベントに行ったんですけど、彼は彼女と一緒にいて、人も多かったんでほとんど話さなかったんですよ。

―――彼女いる人だったんだ。じゃあ友達以上の好意は無く?

そうです。最初はただの友達っていう感覚だったんですけど、イベントの次の日に「来てくれてありがとね」ってラインが来てて、そこからなんとなく会話が始まったんです。そしたら偶然なんですけど、その次の日から、私、週5くらいでその彼の職場付近で撮影があったんですよ。だからその度に連絡したり、ちらっと顔見に行ったりしてたんです。そしたら4日目か5日目に、「このあと飲みに行こうよ」って言われたんです。それではじめて2人でちゃんと会話しました。

―――ケイちゃん的に、彼はどんな印象の人だったの?

すっげーチャラそうだなって思ってました(笑)。でも顔はタイプ。だから友達には、「〇〇くんかっこいい」って言ってたりしました。

―――顔よね結局(笑)。で、2人でどんな話したの?

フッツーの。「仕事どう?っていうか何の仕事してんの?」みたいに聞かれて、仕事の話したり、共通の友達がいっぱいいるから「あいつってああだよねー」とか。居酒屋で。

―――うんうん。

わりとウワベな会話?当たり障りのないやつ。で、1軒目が閉店の時間になって出たんですけど、なんとなく飲み足りないかもっていう気がして、2軒目行くことにしたんです。で、その2軒目のバーは私の友達が働いてて、しかも行ったら彼の友達もいっぱいいて、そこで一気に打ち解けた感がありましたね。友達に紹介されて、カンパイして、ちょっと騒いだ後に2人でテーブル席で話してたんですけど、その時に、「XXXに聞いたんだけどさ、俺のことカッコイイとか言ってくれてたの?」って言われて、「…うん。」みたいな(笑)。そしたら、「俺もカワイイと思ってたんだよね~」って。で、私は、「でも〇〇彼女いるし、無理じゃんね~」って言ったら「彼女は彼女で、まあ同居人みたいなもんだよ」って言ってきたから、「ふぅ~ん」って。

―――そういう会話しながらさ、ボディータッチとかされなかったの?

向かい合わせで座ってたんで、腰に手を、みたいなのはなかったですけど、前に出したり頬杖ついてる手を触ったり撫でたりとかはしてきましたね。

―――やらぴーー。で?

2時過ぎくらいかな?もう遅いし、バーも閉まる時間になるから出よう。って感じで出たんですけど、「じゃああの辺でタクシー捕まえようかな」って言ったら、「えー?帰んの?一緒にいようよ」って言われて「うーん…」って考えてたら、

―――考えるフリでしょ(笑)。あと一押し欲しいね。

そうですね(笑)。で、「だってケイの家ここから遠いでしょ?だから一緒に寝ようよ」ってもう一回言われて、「うん」って。私彼氏いなかったし、自分から誘ってないし。その時点ですごいチャラいやつだな~とは思ったんですけどね。

―――こっちはOKだから、向こうから理由をくれればっていうやつ(笑)。

そういうやつですね(笑)。で、そのまま2人でホテルに行きました。で、そこからなぜか半年間くらい続きましたね。

―――相性が良かった的な?

うーん、悪くはなかった(笑)。だからダラダラ続けてて、なんなら彼女にもバレたんですよ。しょっちゅう私と彼が一緒にいたから。で、彼女に「〇〇はどうせ帰ってくるんで、好きなだけ遊んでいいですよ」みたいなことまで言われて、年明けくらいにめんどくさくなって会うのやめました。友達からもやめなよって言われてたし。

―――さらっと話すね(笑)。修羅場じゃん。まあもう目が覚めたってことで、カワイイんだしいい恋みつけてください!

イラストです!!



illust:Yuya Hashizume

総評:まぁ、俺はドキュメント72時間観たいからソッコー帰るけどね(warpweb編)

爛れてるなぁ現代っ子は……それにしてもアパレル業界関係者は、レセプションパーティみたいので知り合うんですってよ、聞きました奥さん!? わかんない人のために一応説明すると、ショップやブランドがひしめく原宿・渋谷あたりには何かが発売するのをウェーイって祝う因習ステキイベントがあるんですよ。大体、金曜あたりに開催され招待状が無くてもは入れたりするのもあるので、皆さんをチェックしてみてください。もしかしたら運命の出会いが………あることは十中八九ないと思いますが、タダ酒くらいは呑めるかもしれませんので……。

RELATED POST

TOP