FASHION

あの人が高ぶる、くつとカバン――西山 徹 a.k.a TET

The Choice is Yours

ウエアよりも道具の側面が強いシューズやバッグは、使い勝手ももちろん大切だ。だけど、そこに美学や思い出を込めるとそんな実用品は替えの効かない唯一無二の存在となる。センスの良いあの人たちの心が弾むのは、どんなアイテムに触れたときなのか。納得や共感とフレッシュな驚きで満ちた彼らの”選択”に誰よりクールな彼らの偏愛と情熱を見る。

Photo:Kengo Shimizu text:Rui Konno

クラシックにもフレッシュにもヒントはたくさん詰まってる

「WTAPS」と「DESCENDANT」、そして「FPAR®」とそれぞれ異なる色を持つブランドのディレクションを手掛けるTETさんのモノ作りには哲学的なスローガンが垣間見える。そして、彼が生み出すプロダクトにも確かな重みと強いこだわりを感じさせる要素があるが、一方で自身のもの選びに対する姿勢はいたって柔軟。ここで挙げた「HOKA ONE ONE®」のブーツが、それを象徴している。「一昨年、”TOR ULTRA HI WP”が欲しくて探したんですがサイズが見つからず断念したところ、今年になって一緒に探してくれていた知人の靴屋さんが新作を届けてくれました。以降愛用しています」。ボリューム感に反した軽さと快適な履き心地に今ではすっかり夢中に。「マテリアルひとつ取っても新鮮です。e-ventのロゴが入るライニングの生地も最高に格好良い」。しかし、同じくお気に入りとして挙げたバッグはオールドストリートを象徴するスケートブランドのもの。ハイテクとは真逆で、お世辞にも高品質とは言い難い。聞けば、値段も数千円だったという。「スケートボードカルチャーのプライスレンジで揃えたかったんです。最近は子どもと一緒にスケートパークに行くことも増えたので、そこで遊べるサッカーボールとヘルメット、グローブにシューズを収納するとちょうどバッグの形が整うんですよ」と言ってTETさんは笑う。クラシックなものと最新のもの。対称的だが、彼にとって優劣はないようだ。「技術もモノ作りも新しい方向へ進化することは決して簡単じゃないから、そういうものに出会うと魅力を感じるし、レトロなものでもアプローチや見方次第で新しく感じます。どちらにもインスピレーションとなるヒントがたくさん詰まっているし、僕自身、そこから少なからず影響を受けて、また新たな視点を得ているんだと思います」。

「HOKA ONE ONE®」のブーツ”TOR ULTRA HI WP”
トレッキングシューズのアッパーとビブラム®ソールを採用し、見た目に反した圧倒的な軽さと緩衝性を備えた1足。「以前よりも、ハイテクなものを積極的に目で追うようになりました」

「CREATURE」のダッフルバッグ
ボトム部分にデッキを装着できる、王道のスケーター仕様。「80’sのムードと今の空気が両方あるこのスケートチームが面白くて。DESCENDANTのカタログ撮影にもこのバッグで行きました」

Name:西山 徹 a.k.a TET Job:WTAPS/DESCENDANT/FORTY PERCENT AGAINST RIGHTS® ディレクター

Profile:1974年生まれ、東京都出身。今日まで世界中のストリートシーンに影響を与えてきた東京を代表するキーパーソンのひとり。「DESCENDANT」では、先ごろ2018春夏コレクションが立ち上がったばかりで、「WTAPS」ももうまもなくとか。

※本ページは『warp MAGAZINE JAPAN』2018年4号に掲載された情報を再編集したものです。

RELATED POST

TOP