LIFESTYLE

2020年2月横浜で再び開催!アイスクロス・ダウンヒル、Red Bull Ice Cross World Championshipとしてスタート

アイスクロス・ダウンヒル、新時代へ

Red Bull Ice Cross World Championshipとしてスタート

アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスノーボードクロスの要素を取り入れた競技「アイスクロス・ダウンヒル」。2001年にRed Bull Crashed Iceとしてスタートしたこの競技は2010 年より世界選手権として開催し、昨年日本初の大会を横浜で開催しました。そして20年目の節目となる今シーズンより、Red Bull Crashed Ice World Championship はATSX (All Terrain Skate Cross)連盟が主催 する世界選手権として、その名称を「Red Bull Ice Cross World Championship」(レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ)に変えて新たにスタート。

 

日本では、2018年の初開催に続いて2回目の大会を2020年2月15日(土)に再び横浜で開催予定。この観戦チケットを11月8日(金)18:00よりオフィシャルHPにて先行受付中。

 

ATSX主催の世界選手権Red Bull Ice Cross World Championshipは、大会開催規模と獲得ポイントでATSX 250、ATSX 500、ATSX 1000の3クラス に分かれる 。大会に出場するのはRed Bull Crashed Ice男子世界チャンピオンのキャメロン・ナーズ(アメリカ)をはじめ、往年のチャンピオンであるカイルとスコットのクロクソール兄弟(カナダ)、同じく元チャンピオンのマルコと、その兄に負けるとも劣らないルカのダラーゴ兄弟(オーストリア)。日本からはX-GAMES で幾度も優勝しているインラインスケート・ハーフパイプ界トップアスリートの安床 武士選手 と、昨シーズン初参戦ながら、ボストン大会のジュニア部門で日本人初表彰台(3位)を獲得した山内斗真選手が参戦を予定。

左/上:安床武 士選手 © Lisa-Marie Reiter / Red Bull Content Pool
右(の右)/下:山内 斗真選手 ©Mihai Stetcu/Red Bull Content Pool

ファンと写る山本選手©Joerg Mitter / Red Bull Content Pool


女子は2シーズン連続で世界チャンピオンに輝き勢いに乗るアマンダ・トルンゾ(アメリカ)とリベンジに燃えるジャクリーン・レジェール(カナダ)、そしてワールドチャンピオンを狙うミリアム・トレパニエ(カナダ)などの強豪選手に、日本からは表彰台さらには初優勝を狙う山本純子選手が参加。

アイスクロス・ダウンヒルについて

アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスキークロスやスノーボードクロスの要素を取り入 れた競技。アイスホッケーのプロテクターを付けた恐れ知らずの選手 たちが、コース途中に設置されたヘアピンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などの障害物をかわしながら高低差のある全長最大約700メートルの氷の特設コースを滑り降りるレース。コースは自然の地形やスキー場、更には 街中に特設会場を設置して行われる。カテゴリーは男子、女子、ジュニアの3つで、レースは1ヒート4名毎に行い最高時速は約80kmにも達します。各ヒートの上位2名が次のレースに勝ち進み、決勝レースも4名で競われる。コースの難易度と獲得できるポイントによって大会はATSX 250、ATSX 500、ATSX 1000の3クラスに分けられている。この20年の間に競技の人気は大きくなり、これまで51か国から1,000人以上が大会に参加していますが、彼らを見るために多くの熱烈なファンが会場に詰め掛けてる。ATSXについては www.atsx.org をチェック。

開催概要

「ATSX 1000 / Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020

会場:臨港パーク特設会場(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1)

日時: 2020年2月15日(土)

OPEN 15:00 START 18:00

※雨天決行・荒天中止※予告なく変更になる場合があります

内容:アイスクロス・ダウンヒル世界選手権(Red Bull Ice Cross World Championship)のATSX 1000クラスの大会。

URL: www.redbull.com/ice-cross主催:レッドブル・ジャパン株式会社

後援:横浜市(予定)

協賛: BFGoodrich、株式会社SUBARU、FAVRE-LEUBA

■チケット

販売窓口 www.redbull.com/ice-cross

RELATED POST

TOP