<!-- VC LinkSwitch START --> <!-- VC LinkSwitch END -->

FASHION

90年代リーボックのDNAを受け継いだシューズがリリース!

ランウェイでも注目を集めたインスタポンプフューリーの遺伝子を受け継ぐ“厚底”シューズ 90年代リーボックの代表的な様々なシューズのデザイン・テクノロジーを採用 「SOLE FURY(ソールフューリー)」 11月8日(木)より発売開始

グローバルフィットネスブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目9番10号)は、1990年代にリーボックが発売してきたアイコニックなモデルの構造やデザインに、現代のトレンドデザインおよびテクノロジーと融合させたシューズ「SOLE FURY(ソールフューリー)」を2018年11月8日(木)より発売。

90年代に、リーボックはシューズに軽さや速さ、そして更なる快適な履き心地をもとめ、今までになかった、“ソールを分離させる”というソール構造「スプリット クッショニング システム」を開発しました。この分離されたソール構造は、リーボックのアイコニックモデルである「Instapump Fury(インスタポンプフューリー)」「3D Opus(スリーディーオーパス)」といったシューズにも採用され、独特のフォルムや、柔軟性、軽量性を生み出してきた。そして今回、このスプリット構造の開発者であるリーボックが、このソール構造をもったシューズを「Instapump Fury(インスタポンプフューリー)」とは違う形で現代にどう蘇らせるかを考え抜き、そのスプリット クッショニング システムを、現代的なデザインおよびリーボックがもつテクノロジーとともに融合させたのが「SOLE FURY」。
流行のボリュームあるソールを採用していることに加え、外側と内側でアシンメトリーなデザインを施しており、角度により、色・デザインが異なって見える。また、メッシュ、ニットとダイビング用のウェットスーツとして使われているクッション性の高いネオプレン素材の組み合わせのアッパーや、立体的に層をなして織り合わさったテクスチャーの紐(チャンキーシューレース)も特徴的。

 

 

 

そのデザイン性から、2018年9月のニューヨーク・ファッション・ウィークのランウェイに登場し、多くのシンガーやアーティストに注目されているニューヨークのファッションブランドMATTHEW ADAMS DOLANのショーにて着用された。

「SOLE FURY」 詳細

 

「SOLE FURY」にはリーボックの90年代に開発されたモデルである「Instapump Fury」「3D Opus」「Ventilator」といったアイコニックなシューズのアッパー構造、ソール構造、テクノロジーを採用。

商品詳細

SOLE FURY ソールフューリー
品番/カラー/サイズ:
〈MEN’S〉 25.0cm~32.0cm
[DV4482]ホワイト/ブラック/ネオンレッド/ネオンライム
[DV4483]ブラック/トゥルーグレー/ホワイト/プライマルレッド
〈WOMEN’S〉22.5cm~25.0cm
[DV4490]ホワイト/ブラック/ネオンレッド/ネオンライム
[DV4485]ブラック/トゥルーグレー/ホワイト
自店販売価格:¥9,990(+税)
●販売店舗:・リーボック オンラインショップ(reebok.jp/running/solefury/
・リーボック直営店舗:リーボック フィットハブ 六本木ヒルズ、ららぽーとEXPOCITY博多キャナルシティオーパ、北千住マルイ
・リーボッククラシックストア:原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京、あべのHOOP、立川立⾶、横浜ビブレ、名古屋、渋谷109
・ABC-MARTの一部店舗/ABC-MARTオンラインストア(abc-mart.net/shop/e/e1001240/

RELATED POST

LOAD MORE

TOP