新たな1着を着るのか、それとも長年愛用している1着を着るのか。ようはその選んだアウターは、この冬のスタイルを象徴するものになる。そこで確固たるスタイルを持つクリエイターたちに聞いた、今着たい1着。

やっぱり古着を取り入れたスタイルが好き(中島)

「もともと古着が大好きなんです。でも、最近はもう少し大人っぽい格好もしたいと思っていた矢先に、前から顔見知りだったナカジさんがお店を作ったと聞いてお邪魔したんです。そうしたら、すごく雰囲気が良くて。それ以来ちょくちょく買い物もさせてもらってます」と話す賀来さん。以前、中島さんが働いていたショップに賀来さんが訪れ、お互い古着好きで共通の友人も多いことからすぐに打ち解けたという。「祐天寺に自分のお店を出したとき、すぐ遊びに来てくれたのは嬉しかったですね。会うといつも洋服の話しばかりしてる気がします(笑)」と中島さんも笑顔で語る。そんな2人がこの日に選んだアウターもやっぱり古着。一方は俳優として話題作に相次いで出演し、一方は祐天寺に続き2店舗目を恵比寿へオープンするなど、精力的に活動する2人。お互いに活躍するフィールドは違うが、共通の好きなモノを媒介して、良い刺激を与え合う関係性の良さが垣間見えた。
photo:Haruki Matsui