「見ざる言わざる聞かざる」 MR PORTER PAPERBACK日本語版スペシャルインタビュー#3 / スタイリッシュな男たちのスタイルはどうつくられたのか?

吉田 克幸

MR PORTER日本語版発刊スペシャルインタビュー。今回登場していただくのは数々の名品のカバンを世に送り出してきた第一人者である。一貫して「メイド・イン・ジャパン」にこだわり世界基準のスタンダードを伝統からアンチテーゼ、芸術と職人魂あふれる彼に
ダンディズムについて聞いた。それは深くてずっしりくるひと言だった。

  
「見ざる言わざる聞かざる」
  

よしだ・かつゆき ●1947年東京都生まれ。(株)ポータークラシック会長。長年にわたって名品と呼ばれるカバンを世に送り出す。その影響はカバン業界にとどまらずアパレル業界をも常に牽引(けんいん)してきた。81年ニューヨーク・デザイナーズ・コレクティブのメンバーに日本人で初めて選出。2007年息子の吉田玲雄とポータークラシックを設立。“刺し子文化”を後世に残すことに尽力。一貫して“メイド・イン・ジャパン”を掲げる。

書影
THE MR PORTER PAPERBACK
THE MANUAL FOR A STYLISH LIFE VOLUME ONE


男性はモノを購入する際に納得のいく理由や意味を見出した時、 購入に踏み切るという。また、ファッションへの不安や悩みも多いという男性も少なくない。そんな男性心理を解決してモノの価値や質の分かる30〜40代の男性顧客に向けて世界最大規模となったメンズECストアがある。それが、MR PORTERだ。

取り扱うブランドやアイテムも充実しているが、ストアの魅力は単にモノを並べるだけではない。週1で更新するウェブマガジンで、ニーズに直結した「楽しくて価値ある情報」を徹底キュレーションして掲載。 月間ページビューは2500万を超える。

「読んで買いたい」意欲を高めて、自ずと「商品購入」へとつなげたショッピングスタイルなのだ。「編集」を指揮したのは元英国版『Esquire』誌の編集長だったジェレミー・ラングミード氏。

そんな英国のメンズスタイルとエディトリアルが見られるVOLUME1の翻訳本がMR PORTERと付き合いが深いBEAMSの監修で登場。 有名人のスタイル解説から生活を楽しむヒントまで、プロたちによる価値のある情報は読んで納得、もちろんビジュアルを見ているだけでも魅力な1冊。

トランスワールドジャパン
定価:2800円(税別)

購入はコチラ
http://amzn.asia/d/dItalIR

TOP