アナタのベストマッチは!? サイズで変わるシャツの着こなし

/ FASHION / NEWS / PICK-UP / アナタのベストマッチは!? サイズで変わるシャツの着こなし

05/17 12:51 UP DATE NEWS

アナタのベストマッチは!? サイズで変わるシャツの着こなし

定番シャツをサイズ違いで着こなすとどうなる?

定番ブランドのシャツを上手く着こなすにはどうしたら良いか。まずは自分がどんなシルエットが似合うかを知ることから始めるのがいいかもしれない。その参考として、各ショップのスタッフによる実際の着こなしから学んでみよう。

20170517_pup_02
M SIZE: シャツの丈感が短く見えることでスリムな印象に。さらに錯覚で脚長に見える効果もアリ。
XL SIZE: 太すぎず細すぎないストレートシルエットのパンツと少し大きめなサイズ感のシャツが相性抜群。

Steven Alan
サーモピンクとブルーの対照的な色合いのチェック柄が新鮮な1着。華やかさを放ちながらもボタンダウン仕様なので、かっちりとした印象も与えてくれる汎用性の高い1着。 Steven Alanのシャツ1万5000円、AURALEEのパンツ 2万7000円、BETON CIREのキャップ 1万4500円、STEVE MONO︎のシューズ 2万8000円( すべてSTEVEN ALAN TOKYO ☎03・5428・4747)

20170517_pup_03
M SIZE: オープンカラーシャツをジャストで着こなすなら、フロントを開けてインナーを覗かせよう。
XL SIZE: ワンサイズ上のシャツの場合は、フロントを閉めてシャツ1枚で見せるのがオススメだ。

NEPENTHES
ブランドカラーでもあるパープルをベースとした江戸小紋モチーフを総柄で表現した1枚。カウボーイシャツとしてのディテールを随所に取り入れた、こだわりのある仕上がり。 NEEDLESのシャツ 2万9000円、パンツ 2万4000円、ハット 1万1000円、スカーフ 9500円、NEEDLES × TRICKER’Sのシューズ 7万9000円(すべてNEPENTHES ☎03・3400・7227)

20170517_pup_04
M SIZE: パンツとのアンバランス感を楽しむジャストサイズな着こなし。すっきりとした印象。
XL SIZE: ワイドシルエットなパンツにサイズを上げることでゆったりとしたシルエットを生む。

Fat Classic
独特な表情のソリッドなシアサッカー素材を使用したワークシャツ。メタルボタンやダブルステッチによるワークディテールがポイント。クリーンな雰囲気を感じさせる1枚。 FAT Classicのシャツ 1万6000円、FATのパンツ 1万7000円、カットソー7500円( すべてFAT HEAD SHOP ☎03・5775・3877)

20170517_pup_05
M SIZE: カッチリとした印象のタックインスタイル。ビジネスシーンでも活用できそうな雰囲気。
XL SIZE: 上半身にボリュームの見られる着こなし。Mサイズより少しリラックスした印象に。

ANATOMICA
「THOMAS MASON」に別注したストライプブロードのシャツ。丈が長く、パンツにインした際に出にくいデザインが特徴。どんなアイテムとも合わせやすい万能派。 ANATOMICAのシャツ 2万5000円、パンツ 10万円、キャスケット 2万8000円、WAKOUWAのシューズ 1万8800円(すべてANATOMICA ☎03・5823・6186)

※本ページは『warp MAGAZINE JAPAN』2017年5号に掲載された情報を再編集したものです。

http://www.warpweb.jp/feature/feature.html