Curry Festival

/ BLOG / 池田 優 / Curry Festival

10/22 21:38 UP DATE

池田 優東京生まれ。アパレル業界に旋風を起こすべく日々奮闘している社会人。

サブカルの聖地、下北沢でなにやらスパイシーな面白イベントが催されているとの噂を聞きつけたので、早速行ってきました。

題して、「下北沢カレーフェスティバル2014」です!!

こちら、カレー好きにはたまらない、街全体がカレーに染まる超激アツ企画になっております。

 

IMG_6511

 

 

友人らと共に下北沢駅南口の受付に向かい、カレーMAPなるものを貰って早速カレーハンティングがスタート。

参加店舗の数は計109と、相当な規模感のお祭りです。

なんでも、専用のアプリをダウンロードして、入ったお店に置いてあるQRコードを読み取るとスタンプが取得でき、その数に応じて豪華な景品がGETできるという粋な計らいまで・・。

こうなったら、食い倒れるしかないです。

 

IMG_6512

 

MAPを頼りに、いざ出陣!

 

(※実際は1軒目の前に、エスニック系の雑貨屋さんにカレー用のMyスプーンを買いにいきました。)

 

 

IMG_6502

 

鉄板ダイニング「さくらや」さんの、但馬牛のとろとろカレーで幕を開けました。

真ん中にそびえ立つMt.ご飯を、麓に流れるカレーの湖に崩していきながら、すくって食べる感じ、とても好きです。

ハートのトッピングが可愛いですよね。食べながらハートフルになりました。

 

けれども、ゆっくりと余韻に浸っている時間はありません。

今は休日のお昼時、しかも街はカレー狂の人達で溢れています。

極力列に並びたくない我々にとって、もはや一刻の猶予も残されてはおりません。

 

IMG_6513

 

ああ、お店の前には既に行列が…..。

2軒目に来たホルモン屋「チャンピオン」さんが出す、ホルモンカレーが目当てです。

 

IMG_6506

どんっ。

すごくシンプル!! だけど、それがいい。

ごろごろ乗っているホルモンが、ビールによく合うんです。美味しい。

けれども、ゆっくりと余韻に浸っている時間はありません。

今は休日のお昼時、一刻の猶予も僕たちには残されてはいないのです。

IMG_6504

 

来ました、大本命、カレー食堂「なすおやじ」さん。

こちらもすごい列でしたが、道中で” カレーたこ焼き  “をテイクアウトした私たちに死角はありませんでした。

待っている間さえ、グルメしちゃいます。

IMG_6507

 

カレーの湯船に浸かっているタコ焼き達が、なんとも愛らしいです。

 

”その命、かれーるまで食べろ”

 

と、タコ焼きのお店で言われたのを思い出したんですけど、今考えると天才ですね。

 

そんなこんなで待っていると、ようやくお店に案内されました。

 

IMG_6514

食堂と謳っておりますが、内装はお洒落なカフェのようなゆったりした空間のお店、とても素敵です。

 

IMG_6503

 

彩りが綺麗な野菜カレーを注文。

ゆで卵が丸々乗っていて、ヘルシーだけど満腹にしてくれる、そんな一品です。

ペロリと完食、ごちそうさまでした。

 

 

この時点でかなりお腹いっぱいになってしまい、僕らのカレーハンティングは終了。

残念ながら景品は貰えませんでしたが、下北沢のまったりした雰囲気に包まれながら巡る道中は非常に心地よかったです。

 

 

「食」は私たちの生活に欠かせないものであり、同時に私たちの人生を豊かにしてくれるものです。

だからこそ、こうした「食」をテーマにした面白イベントが多く増えれば、もちろん消費者は楽しめるし、街の活性化にも繋がるだろうし、経済もどんどん元気になりますよね。

そこで、下北沢がカレーに着目した事、とても素晴らしいと思います。

 

カレーは奥が深いものです。

生まれはインドですが、それから世界に渡り、各地域で独自の進化を遂げてきたカレー。

日本でも国民食として発展を遂げ、子供から大人まで絶大な大人気を誇るカレー。

こちらを参考にどうぞ

みんなで協同して作る事のできる代表な料理ですし、健康にもすごく良いです。

そんな良いイメージしかないカレーだからこそ、ここまでの盛り上がりを演出できたのでしょうね。

あっぱれです。

 

今年のカレーフェスは終わってしまいましたが、調べてみたら毎年行われているようです。

先の話にはなりますが、来るフェスの日を今から楽しみにしてみては如何でしょうか?

2014年も残りわずかですが、駒沢公園ではラーメンフェスもありますし、まだまだ色んな美味しいイベントが目白押しです。

 

思う存分、「食」を楽しみましょう!!

 

 

 

http://www.warpweb.jp/feature/feature.html