ベジタリアンレストランに行ってみた。

/ BLOG / GAMEBOY / ベジタリアンレストランに行ってみた。

03/04 00:08 UP DATE

GAMEBOYFarmer / Music Producer / DJ https://soundcloud.com/kriff-2

 

 

昔カナダに住んでいた時期がありまして

恥ずかしい事に、一時期とある事情により究極的に食事を制限せざるを得ない時期がありました

ありとあらゆる物がとにかく安いチャイナタウンで売っていた某韓国産の袋ラーメン

忘れもしません、5袋入りセットで3$50¢、2セット買うと割引価格の4$99¢

5ドル支払うだけで10回分の食事がまかなえるというのは当時の僕にしてみれば本当にありがたいものでした

 

一日一食だけというルールを決めて、ひもじい節食生活を送る毎日

この状態を見かねた友達がたまに開いてくれる食事会も僕を延命させる大事な要素の一つとなっていました

 

そんな米粒ひとつ残さない、残せない状態は僕にある変化をもたらしたのです

 

 

それは、一切の好き嫌いを改善できた事です

 

素材レベルにまで達した、食べ物に対する大いなる感謝という名のスパイス

目の前に食べ物様が存在してくれているというだけで涙腺を刺激するほどの慈愛が生まれたのです

 

この気づきは、日本にいる現在も忘れる事はなく

いただいた物は相当満腹でない限り絶対に残さないし

与えられているという状態そのものに感謝するようにしています

 

しかし、ある程度自分の好みの食事を選べる環境にある今、

最近ひとつだけ自分からはなるべくすすんで食べないようにしている食べ物があります

 

 

それは、です

 

 

っといっても、友達といる時や付き合いで食事に行く時はそんな思想を披露する事はせず

周りが肉モノを頼んだとしても僕も感謝の下全然食べられるので

僕が肉をすすんで食べない事を知り合いは知らないと思います

 

ベジタリアン、とも何か違う気がします

 

しかしそもそもなぜ肉食をなるべく避けているかというと

別に宗教絡みの理由でも2050年の食肉問題に向けた準備というワケはなく

菜食のメリットを見つけたからです

詳しい内容はあとで少し説明しますね

 

 

 

で、地元にベジタリアン向けのお店があればいいのにと思っていたら

知り合いが良い飲食店を紹介してくれました

 

 

 

IMG_3851

 

その名もChise食堂

鮮やかな緑色と茶色の木目がステキ

 

 

IMG_3834

中に入るとお店の主人と3歳になるお子さんが迎えてくれました

店内の奥にはご主人の奥さんが経営するヘアサロンがあります

 

 

IMG_3831

店内はエキゾチックでジャマイカンな雰囲気が漂っていて

気取らないそのナチュラル感がとても心地よいです

 

 

IMG_3830

メニューはやはり菜食がほとんどですが、ジャークチキンもあったり

肉好きのお客さんへの配慮を感じられるチョイスもあります。

 

今回僕はアイタルシチューをいただくことにしました

 

 

IMG_3824

かわいらしくてシンプル

 

肉を使わず野菜や豆類などで作る料理をアイタルフードといい、

ジャマイカではこのアイタルシチューがもっともポピュラーな料理の一つ

アイタルとは天然、無添加という意味で、菜食主義者であるラスタファリアンに好まれています

このアイタルシチューも、カボチャ、サツマイモ、人参、豆類をココナッツミルクで煮たもので

当然ながら肉は入っていません

 

さっそくいただいてみました

 

 

IMG_3825

 

これは・・・うまいっ!

 

具が良く煮込まれているのでホロホロくずれ、

スープにも野菜がとけ込んでいるので程よい甘みととろみが玄米を包みこみます

玄米も香りが良くて柔らかく、スープに良く合っています

 

 

IMG_3826

サラダも色よしぬかりなし!

無添加ドレッシングが野菜本来の味に一役買っています

 

 

ここで出されているメニューの食材は全て直接農家から仕入れているそうで

無農薬野菜なのでアレルギー持ちの人も安心してたべられます

こんなにおいしい上に健康までもたらしてくれる、まさにパーフェクトフードですね

 

 

 

IMG_3842

食後に気になった自家製アップルパイ豆乳チャイもオーダー

 

右上に見える茶色の粉は甜菜と呼ばれる野菜から抽出して作られる甜菜糖です

一般の白砂糖と違い、消化吸収がゆっくりで

血糖値の上下もゆるやかなのでおなかに優しく、体を暖める作用もあり

おなかにいるビフィズス菌の働きも助けてくれるという優等生ぶり

北海道では一般のご家庭でよく使われているのだそう

 

IMG_3844

実際なめてみると、通常の白砂糖とは違い甘みも若干ひかえめ

 

いろいろ調べてみると、白砂糖を摂取すると体の中は血糖値が一気に上がり

体内での糖分の消耗も激しいのですぐまた欲しくなり、その繰り返しで低血糖症を起こしやすく

摂取量が多いとキレやすくなる傾向があるそうです

 

清涼飲料作ってるメーカーさんはぜひとも白砂糖や人工甘味料より甜菜糖を使っていただきたいですね

 

 

 

IMG_3836

お店のご主人は基本的に菜食主義だそうですが、

僕と同様、外での付き合いでは出されたモノが肉であっても食べるそうです

 

以前はとことん菜食、無添加にこだわっていたそうですが

気にするあまりストレスが溜まりすぎて

かえって精神的にまいってしまった時期があったそうで

 

その後少し角度を変えて

いただけることに感謝

という考え方に達したんだそうです

 

これにはとても共感しました

 

 

 

IMG_3833

 

そしてご主人との会話の中でもう一つ共感したことがありました

 

それは、肉食をやめることによる体の変化でした

 

お店のご主人や知り合いのベジタリアン、

そして僕自身が感じた事を元に書いていきますが、

 

しばらく肉を食べなくなると

まず嗅覚が冴えてきて、肉のにおいに敏感になっていきます

次に触覚が冴え、体の内側から指の先までの皮膚感覚がより鮮明になっていきます

 

次に変化があらわれるのが心のコントロール

具体的に言うならば、感情が穏やかになることで物事を冷静にみられるようになり

直感力、洞察力が冴え、あらゆる欲に対してもコントロールできるようになります

 

 まああくまで個人的な意見ですが

ここまで聞くと、うそー、菜食いいじゃん!っとなりますが

普段から肉を食べて生活している人にとっては

完全菜食にするまであらゆる葛藤や誘惑があるし

肉を強く信じている現代社会において

相当な決意や納得できる理由がない限り、菜食を続ける事は難しいはずです

 

 

ここで肉と精神の因果関係に結論をいうつもりはありませんが

 肉を抜くことで先で話したような感覚を覚えたのはたしかでしたし

同時に、食べ物が心にもたらす作用は思いの外大きいことにとても驚き

”って大事なんだなと改めて考えさせられました

 

ちなみに有名なベジタリアンの一人、アインシュタインも

「菜食がもたらす情緒面での変化並びに浄化は

人類に対して非常に多くの利益をもたらすと考えます。

したがって菜食は人類にとって非常に幸多き、平和なことなのです。

人類は菜食をすべきです。

菜食主義への移行ほど健康と長寿に有効な方法はない」

とたびたび公言していたそうです

 

 

IMG_3847

 

ここからは肉食のこととはまた違う話なのですが、

普段の食生活の中で

自分が食べているものに関心を持っている人は比較的少ない気がします

 

コンビニに行ってお菓子や飲料を買うにしても

裏の原材料に記載されているカタカナ名称の成分を気にする人は少ないし

食材がどのように生産されているのかを気にする人も少ないはずです

 

もちろん提供する側は自分が何を売っているのか理解した上で提供するべきだし

いただく側も”安全安心”を完全に人任せにしてしまうのも少し違う気がします

 

 

ただ、こういう事をあまりにも気にしすぎる事で精神的に病んでしまったら本末転倒だし

その思想を人に押し付けて無理矢理納得させるなんてのは論外ですが

少なくとも自分が食べるものにほんの少しでも関心を持つことは大事な事だし

自分に子供がいたらこのご時世なおさら食育は大事なのでは、と独身風情の僕は思うわけです

 

 

IMG_3837

 

いろいろ語ってしまいましたが

食といっても味、値段、品質など人によって価値の置き方は違うので

この考え方が正解っというのはないと思うんですが、

例えば自分の考え方と真逆の人がいたとして

相手の意見に対して、自分の中のルールブックを振りかざすのではなく

その考えを一度咀嚼してみてから改めて結論を出してみるのがより健全というか、

カレーライスにらっきょが添えててもいいじゃないっていうか、もう何言ってんだかわかりませんね

 

 

 

 

とにかく、菜食主義でない人はぜひ一度ベジタリアンレスストランに行ってみてはいかがでしょうか

ベジタリアニズムは我慢する事では全くなく、

野菜や果物がこんなにも美味く食べられるのかという事を体験させてくれるはずですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2224

narifuriのECWCSパーカ(赤)ものすごく軽いのに機能的っ

米軍の寒冷地アウターをサイクリング向けにしたもので秘密機能がたくさん備わってます

 

あと最近ユニクロがかなり良いデザインを揃えてますね

ステンカラーコートの青がステキすぎて速攻買ってしまいました

安いのにオシャレって反則

http://www.warpweb.jp/feature/feature.html