劇場版501 (R-18)

/ BLOG / Sho Kawakami / 劇場版501 (R-18)

01/17 19:34 UP DATE

Sho Kawakami1987年愛媛県出身。職業は広告マン。

正月気分も抜けきらない1月8日、ユーロスペースにて『劇場版501』観に行きました。

 

 

本作は、以前ブログでも紹介した「劇場版 テレクラキャノンボール2013」の功労者であるAV監督・ビーバップみのるが、AV女優・霜月るなを有名にするべく企画したプロジェクト501を追うドキュメンタリー。

 

501とはAV界における最多顔射回数を意味する数字で、さらに最後の1発を豚にお願いし、達成すれば文字通り人類最強の顔射の女王になるという、なんともお下劣でアホな企画ですが、早々にその思惑は破綻し、話はどんどんおかしな方向に進んで行きます。

もう正直全然意味わかりませんレベルですが、なんとかストーリーが成り立ってる感がまた笑えますw

 

ちなみに、今年最初に身につけた雑学が、豚は一度に発射する精子の量が人間の100倍らしいということ。

まぁ、この知識を披露するのはこのブログが人生最初で最後な気がしますw

 

 

残念ながら、上映は既に終了してしまったため、アンコール上映を待つか、DVD発売を待つしかないかもですが、当日は立見も出るほどの大盛況でしたので、早めのアクションをオススメします!

 

 

キャノンボール好きは必ず楽しめる内容になっているので、このロマンたっぷりの映画をぜひご堪能ください。

http://www.warpweb.jp/feature/feature.html