結局のところ、サングラスって…

/ BLOG / Shiollie / 結局のところ、サングラスって…

07/06 08:54 UP DATE

Shiollieバランスよく生きたいです。24歳です。

サングラスってすごくよく掛ける年と、全く掛けない年がある。一昨年はいつも掛けてたけど、去年は一度も掛けてない。なんでだろうって考えてみたけど、結局ただのキブンだね。ちなみに今年は掛けたい年です。

今年もどうやら引き続きカラーレンズが調子いい感じって聞きました。一気にレトロ(今年っぽい)雰囲気に持っていってくれるから、とりあえず白Tにこれ掛けとけばおしゃれっぽいやつか。いや〜懐かしいなあ(生まれてないけど)。それから60sっぽい、まあるいシルエットのバグズアイ系もかなりキブン。流行の開襟シャツと合わせたてもかわいいけど、「いかにもだな」っていう感じですか?

サングラスとかアイウェア系は、掛けたもん勝ちみたいなところ、ありますよね。要するに我が物顔で掛けてればいいんですよね。その勢いさえあればどーにでもなる。ということで今年は勇気を振り絞って、ここら辺に挑戦してみましょうか。

 

 

でも結局、サングラスって合わないなあと思うんですよ。それは見た目どうこうの問題じゃなくて、わたしの人間的な問題なんです。そもそも私は荷物を沢山持つのがキライなので、いちいちサングラスのケースとか持って出掛けたくない。仕事の時はリュックか大きいトートバッグを持ち歩いてるから、ケースを持ち歩くことに対して何の抵抗もないけど、そもそも平日にサングラスを掛けて優雅に出勤するほど、わたしには余裕がない。でも休日はそんなデッカい荷物を持って出掛けるなんてご免なんですよ。出来ることなら手ぶらで過ごしたい人間です。

日中は掛けてれば良いのですが、じゃあ日が暮れた時はどうする?自分自身、夜中にサングラス掛けてるヤツとは友達になれないって思うし、だからと言ってTシャツの襟元にぶら下げて、お気に入りのTシャツの襟がでろんでろんになるのは避けたい。100歩譲って、でろんでろんはスタイルだと捉えるとしても、しゃがむ度にしょっちゅう地面に落ちちゃうもんなら、もう投げ捨てたくなります。投げないけど。

夏のはじまりは、その見た目の可愛さに釣られて衝動買いするんだけど、結局こういう結末が待ち受けてる。もうこれを3回くらいやったので、バカな私もそろそろ学びました。こんな自分は、高いお金払ってまで良いサングラスを買っちゃいけないんだと。ということで、今年は“あえて”、安いサングラスを掛けます。“あえて”ですよ……。わたしだってちゃんと仕事してますから……。

バグズアイで検索してたら究極のバグズアイが出てきた。eBayにて購入できるそうです。お値段もお手頃だし、今年はもうこれでいいかな。一生オシャレになれる気がしねー。

 

cCloseEncGreenGlasses

 

最後に、今週金曜日はマイボーイ・りょっけがオーガナイザー務めるchillaxingが開催されるよーというお知らせを。今回はTrump roomからsolfaに会場を移すそうですが、これがどういう意味だか分かります?つまり彼がエントランスををやらなくて済むということっすよ。つまり彼がベロンベロンになれるということっすよ。ただただ素晴らしいの一言に尽きます。そして日曜日はみんな選挙に行こうね。

 

S__8421436

http://www.warpweb.jp/feature/feature.html