脱力系だがカッコいい、Japanese HipHop特集

/ BLOG / HIROKI TATSUMI / 脱力系だがカッコいい、Japanese HipHop特集

09/30 01:36 UP DATE

HIROKI TATSUMI新しいだけではないリスナーの為の本当に良い曲やアーティスト紹介しているJapanese HipHop情報サイトDoubleFlyer(http://doubleflyer.net/)を運営 広告代理店クリエイティブディレクター

 

脱力系女子、脱力系男子など脱力系が流行る今日このごろ
Japanese HipHopにも脱力系の音楽が存在する。

Japanese HipHopというとイカツイお兄さんがイカツイ曲を歌っているというイメージを持っている人も多いと思うが
ユルい脱力系だがカッコいいというのが魅力だ。

決して力を入れてかっこいいわけではなく、力は抜いているがさらりとかっこいいことをやってくれる

イカツイ曲が苦手というあなたも脱力系のカッコいいJapanese HipHopを聞いてみてはどうだろうか
新しいJapanese HipHopの魅力が見つかるかもしれない

 

 

PSG
東京板橋区出身の3人組

PunpeeやS.L.A.C.K、GAPPERの個性が光るグループ。
2009年10月にリリースしたデビューアルバム「David」が、bounce誌や、riddim誌、floor.net誌, Amebreakなど各メディアで09年ベスト作品の一つとして挙げられる等、大きな反響を呼んだ。
さらに2010年1月「DAVID インスト」を限定発売。
4月下旬には12 inch「DAVID SAMPLE」発売したが即完売となる。
そして夏にはFuji Rock Festival ‘10への出演を果たす。ヒップホップ・シーン以外での活動も積極的に行ない、曽我部恵一「サマー・シンフォニー feat. PSG」Remixシングルは、2010年決定的な夏のアンセムとなった。

曽我部恵一「サマー・シンフォニー feat. PSG」Remixシングル
https://www.youtube.com/watch?v=aGnzL9xbs1s

愛してます
https://www.youtube.com/watch?v=iZFocDZMbh0

 

 

 

 

THE OTOGIBANASHI’S
PSGと同じくsummitに所属する
bim, in-d, PalBedStockの3MC’sから成る日本のRAPグループ
全員10代なのに独特な音楽感とスキルをもっており、きゃりーぱみゅはみゅも唸らせたという
グループ

Pool
https://www.youtube.com/watch?v=7lq77a8DAjo

Fountain Mountain
https://www.youtube.com/watch?v=ePkX_duCmW0

 

 

 

TOKYO HEALTH CLUB
2010年に美大出身の4人組によって結成されたヒップホップグループTOKYO HEALTH CLUB。
“ふざける”個性を”真面目に”音楽で表現している。
楽曲を聞いてもセンスは抜群で、今後の活躍も期待できる。
ユルさとサブカルチャーな感覚満載のグループである。

YOSA – Coin Laundry feat. TOKYO HEALTH CLUB
https://www.youtube.com/watch?v=tZsrCwDdR2Y

プレイ
https://www.youtube.com/watch?v=V-kLS9nkPRM

 

 

LowPass
脱力系というよりは独特のセンスを持っているグループと言えるかもしれない。
ラッパー / プロデューサーのGIVVNと、DJ / トラックメイカーのtee-rugの2人による新世代ヒップホップ・ユニット
2011年、「Ruff」のビデオを皮切りに彗星のごとく現れた若き東京の2人組

Ruff
https://www.youtube.com/watch?v=4Y7mZJHXsD4#t=10

Skip
https://www.youtube.com/watch?v=KEsZ9BlPZWw

Bounce
https://www.youtube.com/watch?v=RV-L1VE-0co

ここに挙げたのは一例にすぎないが、
新しいJapanese HipHopの魅力に出会えてもらえたら幸いである。

 

 

 

 

http://www.warpweb.jp/feature/feature.html