SWEEET SEPTEMBER 2014 TOP5

/ BLOG / djsweeet / SWEEET SEPTEMBER 2014 TOP5

10/20 17:02 UP DATE

djsweeetSIX TOKYO RESIDENT DJ

 

SWEEET SEPTEMBER 2014 TOP5

毎月、気になる曲をランキング形式で紹介!!是非クラブに行く前にチェックして遊びにいらしてください♪

1.Avicii – The Days
https://www.youtube.com/watch?v=JDglMK9sgIQ

2.Clean Bandit & Jess Glynne – Real Love
https://www.youtube.com/watch?v=0jSzv6UxIoU

3.Calvin Harris – Blame ft. John Newman
https://www.youtube.com/watch?v=6ACl8s_tBzE

4.Wolfgang Gartner – Unholy feat. Bobby Saint
https://www.youtube.com/watch?v=p9Bin663aZY

5.Kryder & Still Young ft. Duane Harden – Feels Like Summer
https://www.youtube.com/watch?v=1W0oEaEF5E4

EXTRA

Syn Cole – Miami 82 (Kygo Remix)
https://www.youtube.com/watch?v=nDopn_p2wk4

Nico & Vinz – Am I Wrong
https://www.youtube.com/watch?v=bg1sT4ILG0w

Capital Cities – One Minute More
https://www.youtube.com/watch?v=w0IIYU9om_k

Mystique – Brand New
https://www.youtube.com/watch?v=Sj2tTDCMcoU

さてさて更新がすっかり遅くなってしまいました。。。

まずは1位から皆さんおなじみAVICIIの新曲!!

Aviciiニューアルバム「Stories」収録曲「The Days」

Ralph Lauren の「Denim & Supply」のコマーシャル動画にて先攻公開されていたこの音源、もうもはやEDMというジャンルではないですね、ただ純粋に曲として凄いいい曲です。なんか世の中の風潮的にEDMだからイケてるとか、ムーブメントになりつつありますが、どんなジャンルでもいい曲だからいい!単純にその気持ちは忘れたくない、なんかそんな事を思い出させてくれた一曲。

2位はUKで注目の新人バンド「クリーン・バンディット。
クラシックとベースミュージックを混ぜ合わせたような、今までにないような音楽と話題を呼んでます!

Rather Be ft. Jess Glynneで、もうおなじみですね。

新曲Real Loveは90sのHOUSEの雰囲気を思い出させる今、旬な感じの気持ちのいい一曲です。

3位はこちらもおなじみCalvin Harrisの新曲。
Calvin Harrisについてはみなさんご存知だと思うので、今回はJohn Newmanにスポットをあてたいと思います。
さてこのJohn Newman、ドラムンベース・ユニット『RUDIMENTAL』のUKを中心としてヨーロッパでも大ヒットした、Feel The Loveのヴォーカルとして参加してます

この曲も本当にいい曲で、聴いた瞬間にヤバイ!そんな風にたしか当時思いました。
EDMの曲から、その曲がヒットして、最近その曲のヴォーカルがフィーチャーされるパターンが多いですが、

まさにJohn Newman

これからの活躍にも期待大です!

4位はWolfgang Gartnerのこの一曲
Wolfgang Gartnerさん、地味なんですが毎回かなり良質なトラックを作ってます。
以前はJoey Youngman名義で、HOUSEシーンでで活動していて、Beatportチャート1位の常連で、グラミーにもノミネートされたことがあるそうです。

毎回この人のグルーブ感あるトラックには心も体も踊らされます。
今回も地味だけどw今までの中ではかなり派手な一曲!最近は現場でもよくON AIRしてるのでチェックしてね!

さて5位は
最近、一番好きなDJなんじゃないかな?
Kryder!!

この人も相当地味ですがw、でもこういう職人肌みたいなDJが最近はかなり好みです。
そんなKryderのリリースは少し前なんですが、この一曲をご紹介。

HOUSEグルーブの延長線上でのprogressiveな展開やelectroな展開が渋くていい!
ちなみにこの人のやっているpodcast(radioみたいなもの)もかなりイケてます。

ランキング外のEXTRAは

今回はNEW DISCOモノを中心にチョイスしてみました。

Syn Cole – Miami 82 (Kygo Remix)
先日SIX TOKYOでもTOKYO TOURを行ったSyn Cole
そのSyn Coleの代表曲でもあるMiami 82のREMIXです。

原曲はEDMって感じの曲なんですが、このremixかなり気持ちよい感じに仕上がってます。

Nico & Vinz – Am I Wrong
Nico & Vinzはノルウェイ出身のデュオ、ヨーロッパのアーティストがUSのチャートでランクインするのが最近は多くなってきましたね。
ただノルウェイといっても彼らはアフリカ系のノルウェイ人。その音楽性は “新時代のネイチャー・サウンド” と形容され、今後の更なる活躍が期待されるアーティストだそう。まさにこの曲もそんな感じで、一度聴いたら忘れられないメロディーラインが特徴!

Capital Citiesはアメリカのロサンゼルス出身のエレクトロ・ポップ・ロック・デュオ。
Safe And Soundでスマッシュヒットを飛ばした彼らですが、今回もかなり名曲感満載、こういう気持ちいい曲最近きてます。

さて今回9月はこんな感じでお届けしました。
では来月のTOP5もお楽しみに♪

http://www.warpweb.jp/feature/feature.html